トップ
金太郎
安産•成長祈願ブログパーツ

賃貸の心理的瑕疵物件とは

賃貸で事故物件といわれる物件があります。物件の室内で、殺人、自殺、事故等により、以前の入居者が死亡したとされるもので、心理的瑕疵物件といわれるものです。告知義務があり、借りる際にはどのような死に方をしたか等、必ず告知されます。この告知義務についても都市伝説のように間に一人介せば告知しない等まことしやかに言われますが、万一入居者にその事実が知れて裁判に持ち込まれた際に信用問題になりますので、ある一定期間は必ず告知されます。ですが、室内で病死した場合はこれに当てはまりません。通常の賃貸物件相場よりもかなり安く借りられるため、事故物件だという事を気にしない一部の人に人気があります。

事故物件の種類と告知

賃貸を探す基準は何だろう?間取り、家賃、周辺環境、ペット可。引っ越しを考え、物件を探した事がある人は目にした事があるのではないだろうか。重要告知事項あり、という項目を。まず思いつくのは、人が亡くなった、という事。自殺、他殺、病死。事故死。原因は様々だろう。これらの事実を伏せて賃貸契約した際に、トラブルを招く恐れがでてくる。幽霊を実際に見てしまう人、何かしら感じてしまう人は世の中には存在する。不動産には時効までの10年以内の事故物件だという事実を伝えなければならない義務がある。時効の後も近所の住民から、それとなく情報は入ってくるもの。トラブルを回避したいのなら、時効後も事実を伝え、契約をした方が良いだろう。

HOME | SITEMAP

© Copyright 賃貸事故物件の告知義務. All rights reserved.