トップ » 賃貸暮らしの今後の不安
金太郎
安産•成長祈願ブログパーツ

賃貸のままいつまで住めるのか

賃貸住宅を借り続けるか、自宅を購入するか。年齢を重ねていき、人生の終わりが見え始めた頃に悩み始める問題の一つではないでしょうか。年齢が若いうちならライフスタイルの変化の問題もありますので、どちらでも構わないでしょうが、老後を考えるとどうなるか不安になるのは当たり前です。住宅優遇措置があるうちに買って資産として考えるか、賃貸住宅で転々と好きな所に住み替えていくか。そのどちらが悪いというわけでもなく、良いと言うわけでもありません。老後、といっても現在は高齢化社会がどんどん進んでいます。高齢者には貸さないと言う物件は成り立たなくなるでしょうから、あまり心配することもありません。

老後の住処に関する問題

若いうちは賃貸住宅に住むのはそれほど苦労するものではありません。健康で稼いでくれるであろうという安心感もありますし、保証人も見つかりやすいのです。しかし老後に同じように借りようとするとこれがまた上手く行かないのです。賃貸住宅の場合は特に何かあったときの心配のあまり契約を取り交わさない場合もあります。若い人と一緒に住むとか、近くに家族がいるなどの状況を説明できないと高齢者が単独で契約を結ぶのは難しい時代になって来ました。老後のことを考えれば少し早い段階からどのようにすごすのかを考えておかなければいけないかもしれません。

HOME | SITEMAP

© Copyright 賃貸事故物件の告知義務. All rights reserved.